成分を豊富に含んだ葉酸サプリメントが旬|妊婦さんは飲み干すべし

二人の女性
赤ちゃんと女性

食事の大切さと成分

胎児は妊婦であるお母さんから栄養をもらうので食事に注意を払う必要があります。具体的には、胎児の発育効果を高めるために葉酸を摂取したり、貧血不足対策として鉄分を摂り入れたりすることです。そうして、妊婦と胎児が健康な状態になります。

妊婦

どの段階になったら出産か

臨月は妊娠36週から39週目までを指します。この時期はいつ出産が起きても良い時期で、出産に向けて様々な兆候があります。前駆陣痛や食欲増加、便秘の解消、胎動の減少などが主なものですが、急に出産となることは少ないので慌てず行動するようにします。

サプリメント

成分と摂取量の目安

妊娠したときに摂取するべき成分としては葉酸があり、厚生労働省では1日の摂取の推奨量を400μgとしています。葉酸サプリには天然由来成分のものと、化学成分を合成して作ったものがあり、安全性を考えると天然由来成分のほうが良いです。

妊娠中に補いたい成分の例

細胞の成長を助けてくれる葉酸サプリを飲むことで丈夫な赤ちゃんに育ちます。妊活にも役立つ健康食品としても注目されています。

サプリメント

妊娠中には普段と異なる様々な栄養補給が必要だと言われています。そのうちの1つに挙げられるのが葉酸です。妊婦さんはサプリを飲み干しましょう。現在では食品の他、葉酸サプリ等の形状で販売されている商品もあります。この葉酸が妊娠中の需要を高めている主な要因として、妊婦さんの摂取による胎児への良い影響が挙げられます。そもそも葉酸とは細胞の生成に不可欠である事に加え、赤血球の生成を手助けする事でも知られるビタミンです。また胎児における神経管欠損症と呼ばれる、先天性の病気を予防する働きがある事も分かっています。そのため妊婦さんは妊娠の3ヶ月前から妊娠3ヶ月までの間で摂取すると、病気の予防効果が高まるとされています。それはこの期間に胎児の中枢系の組織が形成されるためで、1日0.4ミリグラムを目安に摂取する事が勧められています。また葉酸には貧血予防効果もあるとされ、胎児の中枢形成期間が終わった後でも葉酸サプリを摂取する事は有効とされます。

医師の特別な指導が無い限りは過剰に意識する必要は無いと言われていますが、葉酸自体は体内に留まりづらい成分でもあります。そのため日常的にメニューに取り入れる事が勧められています。葉酸は主に葉の野菜や緑黄色野菜に含まれており、水溶性の栄養素となっています。したがって調理方法次第では成分漏出の確率も高く、食事だけでは摂取しづらい場合に葉酸サプリを併用する事も1手となります。ただし葉酸サプリを併用する場合には、逆に摂取量過剰にならないように注意する必要もあります。摂り過ぎると母体や胎児に対する蕁麻疹や喘息といった症状を誘発する確率も指摘されているためです。妊娠3ヶ月以降は、胎児に必要な量も減少するため、摂取量を減らす事も必要です。その場合は通常の成人女性の目安量である、1日0.24ミリグラムを目安にすると良いとされています。また、その目安は妊娠状態によっても変化するようです。そのため、無闇に摂取するのではなく、婦人科の医師に相談してから摂取するのがいいでしょう。婦人科での診療と並行して、これらサプリをとっていくと、より安心して出産に臨むことができます。